賢者の受検法① <FP資格の種類>

このページに進まれたということは、ファイナンシャルプランナー(FP)試験への挑戦を
具体的にお考えのようですね。さすがはFP賢者、もしくは予備軍のみなさまです。
では、ここからはFP試験についてお伝えしてまいりましょう。

まず、我が国においてファイナンシャルプランナー(FP)には、2つの資格があることを理解して下さい。
ひとつめが国家資格である「FP技能士」。もうひとつが民間資格である「AFP&CFP」です。
それぞれを紹介しましょう。

《国家資格:FP技能士》
2002年4月に国家資格化され、厚労省が認定し(社)金融財政事情研究会(きんざい)が運営する
国家資格です。
これには1、2、3級があり2級受検には3級合格者か2年以上の実務経験、
またはAFP認定研修の修了者
の条件が。
1級受検には2級合格者で1年以上の実務経験がある者、
もしくは5年以上の実務経験がある者と規程されています。

《民間資格:AFP&CFP》
これは日本ファイナンシャルプランナーズ協会(以下、FP協会)より認定され、
FP技能士より以前に資格化された民間資格。
「AFP(アフィリエイテッドFP)」は、〝普通資格〟とされ、現在国内で約14万人が存在しています。
一方、「CFP(サーティファイドFP)」は、世界23の国と地域で認められ、
世界水準のサービスを提供できる〝国際資格〟。
国内には16000人程しか存在していない上級資格です。
なお、CFPになるためには、AFPの資格所有者であることが必要なため、
まずはAFPの取得が必須となります。

1回で2度美味しい!賢者の受検法

2種類あるならば、「どちらを取得すべきか?」という疑問が起こるのは必然。
しかし、賢者たるもの資格取得にも効率を求めたいもの。
そこで注目すべきが、2級FP技能士の受検条件である「AFP認定研修の修了者」という項目。

また、AFP認定研修を修了していればAFP資格が取得でき、
かつ、2級FP技能士試験はAFP資格試験を兼ねているのです。つまり、
事前にAFP認定研修を受講し、修了後に2級FP技能士試験を受験し合格すれば、
AFPと2級FP技能士の2資格を同時に習得できる
ということなのです!
となれば、気になるのが「AFP認定研修」という存在。
次ページでは、その研修内容と受講方法についてお伝えします。

  >>合格率が急上昇する試験合格法なら