賢者の受検法③ <2級FP試験概要>

AFP認定試験を無事終了した後、あなたの前に立ちふさがるのが国家資格試験の2級FP技能士試験です。また、なかには3級から順を追って取得したいという方もいることでしょう。
しかし、このサイトは効率的な資格取得を目指すFP賢者向けのサイト。
〝2級の縮小版〟である3級資格の取得は、時間と労力の無駄。
最初から2級を受けるのが賢い受検法
といえるでしょう。

《2級FP試験概要》

試験は1、5、9月の年3回、全国の指定会場で実施されます。
また、試験は学科と実技で構成・実施され、それぞれ受験料がかかります(学科:4200円、実技:4500円)。
申し込み方法等は、日本FP協会のサイトをご覧下さい。
なお、学科、実技共に独立合格方式のため、一方が合格した場合、
後の残りの一方のみを受検することが可能です。

 <学科試験概要・出題科目>
□試験時間:120分
□出題形式:下記6科目より各10問、すべて4択式で計60問を出題
□合格基準:1問1点で60点満点中、36点(6割)以上で合格
□出題科目
①ライフプランニングと資金計画
理論や関連法規、税金に年金、ローンとカード等全11単元より出題
②リスク管理
リスクマネジメント、保険制度、最新動向等全6単元より出題
③金融資産運用
環境理解、預貯金・金融類似商品、保険商品等全12単元より出題
④タックスプランニング
税制、損益通算、所得・税額控除、最新動向等全18単元より出題
⑤不動産
取引、法令、取得・保有、譲渡、賃貸、証券化等全9単元より出題
⑥相続・事業承継
贈与と相続に関する法律、税金、事業継承対策等全11単元より出題

 <実技試験概要・出題科目>
□試験時間:90分
□出題形式:下記7科目より、記述式(選択肢の中から言葉や数字を選ぶ方式のため
文章作成能力は必要なし)にて計40問を出題。
□合格基準:1問2.5点で100点満点中、60点以上で合格
□出題科目
①FP総論より2問出題 
②金融資産運用設計より4問出題
③不動産より3問出題
④リスク管理より4問出題
⑤タックスプランニングより3問出題
⑥相続事業・承継より3問
⑦ライフプランニング・総合問題より21問出題

  >>合格率が急上昇する試験合格法なら