賢者の試験勉強法選択

AFPと2級FP技能士試験の同時取得には、2級FP技能士試験の受験資格であるAFP認定研修を事前に
修了する必要があり、また、AFP認定研修はFP協会が認定する資格学校か通信講座の受講が
必要であることはお伝えしたとおり。

となれば、資格学校と通信講座のいずれかを選択しなければなりません。
FP賢者たるもの、効率的に学習できる講座を選びたいものです。
また、このサイトをご覧のみなさんの大半は社会人であると思われますので、
「社会人にとって最適な講座は?」という視点
で、両者を比較してみたいと思います。

《資格学校のメリットとデメリット》

<メリット>
☆法改正にも対応した最新の講義を受講できる
☆疑問点や不明点をその場で講師に質問し
解消できる
☆受講生同士がライバルとなり
モチベーションを継続しやすい

 

<デメリット>
★いずれの講座でも受講料は、
軒並み10万円以上と高額
★教室が都市部や市街地にしかなく
通学に不便で交通費も必要
★毎週決まった曜日と時間に出席しなければ
ならず、定時に退社できない場合、授業に遅れる
★講師の善し悪しがある


《通信講座のメリットとデメリット》

<メリット>
☆いずれの講座も受講料は10万円以下と
リーズナブルな設定
☆通学の必要がなく交通費が不要
☆学習形態としては独学のため、
自分のペースで勉強を進められる
☆通信講座専用に編集された最新の教材のため、クオリティは資格学校にも引けを取らない

<デメリット>
★疑問点や不明点は問い合わせが必要なため
解消に時間がかかる
★学習形態が独学であるため、
モチベーションを維持し難い

 

 

「社会人に最適な講座」という視点で考えると、
そのポイントはやはり受講料と、通学にかかる時間と費用
10万円以上の受講料はあまりに負担が大きく、また、日々退社時間が異なる社会人にとって、
毎週決まった時間に受講するのは至難の業。
それらを総合した検討した場合、FP賢者たる社会人が受けるべきは、
通信講座
といえるのではないでしょうか。

  >>合格率が急上昇する試験合格法なら