賢者の試験合格ノウハウ

優れたカリキュラムを持つ通信講座を受講するからといって、
そのカリキュラムを使いこなせるかどうかはあなた次第。
受講講座を有効に活用し、見事に合格を勝ち取ってこそ、FP賢者といえるでしょう。
このページでは、優秀な通信講座をより賢く使う、FP賢者の試験合格術を紹介してまいります。

《FP賢者の試験合格術》

☆合格術その一:目標を具体的に設定せよ!
単に「ファイナンシャルプランナー(FP)の試験に合格する!」だけでは目標が曖昧で、やる気も起きません。例えば「FPになって実家の借金を返済させる!」や「効果的な資産運用で両親の老後を安泰にする!」
などと具体的な目標を掲げることで、想いが強くなり勉強意欲も湧いてくる!

☆合格術その二:現在地からゴールを確認せよ!
現在の知識レベルと本試験までの日数からゴール(合格)を確認すれば、
自分が1日あたりどれくらい勉強するかがわかるはず。
そこから、1週間、ひと月と逆算していけば、本試験までの学習スケジュールが完成する!

☆合格術その三:まずは学習範囲の全体像を把握せよ!
ファイナンシャルの知識がない方は、まず、教材にざっと目を通し、これから学習する範囲と内容を
大まかに把握すべし。その時点ではわからなくても、まず全体を俯瞰で確かめることが重要。
そのためには、文字教材よりもCDやDVD等のメディア教材の方がとっつき易いという声も。

☆合格術その四:五感への刺激で記憶力を向上せよ!
アメリカの某博士の研究によれば、記憶力とは、読んだ時で20%、聴いた時で30%、話した時で50%、
そして、それら全てを複合した時に90%まで高まるという。
となれば、テキストを読むだけでなく、CDやDVD教材で聴き、観て、書き、さらには、
カフェや図書館など環境を変え行動するなどして五感を刺激することが、記憶力の向上に有効だ!

☆合格術その五:記憶の定着には復習あるのみ!
知識を脳に定着させる方法は、復習し何度も同じ知識を脳にすり込む以外に方法はない。
しかし、テキストを繰り返し読みポイントを書き写すだけでは、
どうしても飽きが来てしまい勉強に身が入らない可能性も。
そこで活用したいのが、過去問だ。
本試験をイメージして何度も過去問に取り組めば、
いつしか記憶は定着し解答スピードがアップすること間違いなし!

  >>合格率が急上昇する試験合格法なら